<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ご挨拶
本年は、ご愛顧いただき、ありがとうございました。
お店作りから始まり、桃や桜の季節を迎え、夏を乗り切り、秋を楽しんで、
クリスマス、年末と走り続けた無我夢中の一年でした。
ちょうど一年前、暗いバーの跡地に立ち尽くしていたことが夢のように思います。
この一年、多くのお客様に出会えたこと、温かい応援をいただいたことに感謝しております。

新年、より一層の幸せが皆様に訪れますよう。

2006.12.31
mugihana
d0005824_2192071.jpg

by mugi-hana | 2006-12-31 21:09 | mugihana日記 | Comments(4)
お正月の花
空気はきりりと冷たくて、
ガラスの花瓶に活けられたチューリップやヒヤシンスはうねり輝いて
お飾りや花餅や仏手柑はにぎやかに
千両や松や大根締めなんかのお正月特有のものがそろって。
クリスマスとはまた違って、お正月独特の雰囲気が好きです。
忙しかったり寒かったり、大変だけど。
よいお年をって挨拶もいいものだと思います。
あと一日、がんばります!
写真は、八重咲きの冬至梅。
きゅっと丸く咲いてきます。寒い中でがんばって咲いてくる健気さがかわいいのです。
d0005824_229381.jpg

by mugi-hana | 2006-12-30 22:09 | mugihana日記 | Comments(3)
Merry Christmas!!
d0005824_16532977.jpg

by mugi-hana | 2006-12-24 16:26 | mugihana日記 | Comments(0)
The Poguesを聴きながら
The Poguesの「Fairytale of NEW YORK」
2年前、一番好きなクリスマスソングはこれなんだとホリーが教えてくれた曲。
だみ声のボーカルが歌う歌は、ざっといえば
“どんなにどうしようもない奴にも、とにかくクリスマスはくるんだ”というような内容で、
いわゆる明るいクリスマスソングとは到底言いがたいものなんだけど
その歌は、そのときの私の心にすごく響いてきた。
2年前のクリスマス、自分の気持ちだけははっきりしてたけど、将来の見通しなんて全然なくて、
1年前のクリスマスは、手の先まで凍る寒さの中で上原の駅前で車で花を売ってた。
来年のクリスマスはどうなっているんだろう、と思いながら。
そして、今年のクリスマス。
小さい小さい店だけど、あったかい色の明かりに照らされてヤドリギが輝いて
色とりどりのバラやアマリリスが出番をまってる。
いつのまにか、手に入れてたよ、こんな幸せな場所を。
今まで出会ったみんなにココロから感謝する。
そして今年も、この歌は私の心に響いてくる。
d0005824_2305559.jpg

by mugi-hana | 2006-12-21 23:09 | mugihana日記 | Comments(2)
バラとトウガラシには幸せがつまってる
今日は下北沢のカレー屋『茄子おやじ』さんのクリスマスリースをお届けしてきました。
力強いミヅキの台に、真っ赤なイングリッシュローズの実を枝ごと合わせて、唐辛子もいっしょに。
独立する前からずっと応援してくれていた茄子おやじさん。
移動式花屋を始めました、とお知らせしたら真っ先に注文してくれて
それからもずっと、何くれとなく気にかけてくれているのがわかっていました。
今年、おふたりの間に生まれたちび茄子ちゃんは、本当にかわいくて、きゃきゃと笑ったり、にこにこと手をのばしてきたり。
一緒にいるとその幸せそうな空気が伝わってきて、あたしは涙がでそうになってしまうのです。
今年の茄子おやじのクリスマスリースには
特別な、エンジェルのリボンできゅっとドイツトウヒの実を結びつけました。
d0005824_2023505.jpg

by mugi-hana | 2006-12-10 20:25 | mugihana日記 | Comments(4)
いそいそ準備
12月に入り、ムギハナもだいぶクリスマスめいてきました!
クリスマスリースの注文もすこしづつはいってきて
忙しさにうれしい悲鳴をあげながら、せっせと手を動かしています。
お店の白い木のドアの前には大きなモミのツリーが、
奥の壁には、ヤドリギがきらきら光ってます。
ネコが連なったイギリスのクリスマスオーナメントは私の今年イチオシです。
何種類もの針葉樹やバラにまじって春の花もいきいきと輝いてます。
d0005824_2022743.jpg



d0005824_20253570.jpg

by mugi-hana | 2006-12-04 20:13 | mugihana日記 | Comments(6)