<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
雨上がりの夕方の空
今日の夕方、雨上がりの空に
うんと薄い虹がかかっていたそうです。
見たかったな。
d0005824_20374710.jpg

今日の写真は
お母さんへのお誕生日のお祝いのアレンジメント。
不思議な色に色づいたアジサイや
ブラックベリーなど。
by mugi-hana | 2009-07-27 20:40 | mugihana日記 | Comments(2)
夏の空に、白い花をたくさん
夏らしい、ごきげんに晴れ上がった日曜日、
代官山の一軒家のフレンチレストラン『マダム・トキ』での結婚式で花を活けてきました。
夜通し花を活けたのは久しぶりで、暑さもあって、終わった後はくったくたになりましたが
とてもきれいに飾れました。
やわらかな笑顔が印象的な上品な花嫁さんが、ほんとににこにこと喜んでくださって
とても嬉しかったです。
d0005824_19364371.jpg

私達は4年前、ここ代官山のマダムトキの斜め向かいで、くるまで花を売っていました。
毎週のように結婚式が行われていて、その様子をみながら、
いつかあのレストランの飾りつけ、したいなぁと思っていたのに。
離れがたくて、何度も見ながら帰ってきました。
きれいにできてよかった。
by mugi-hana | 2009-07-22 19:40 | mugihana日記 | Comments(4)
紅茶色のバラで髪飾り
椿山荘での結婚式に、ウェディングブーケやクラウンをお届け。
淡い紅茶色やちょっとくすんだピンクのバラ、色づいたブラックベリーで
クラウンをつくったら、アンティークな雰囲気の美しいクラウンができあがった。
一輪づつワイヤリングして、バランスを見ながらつなげていって、花嫁さんのサイズに合わせて・・・
とても手間と時間と技術のいるものだけど、
控え室で花嫁さんに見せて、「可愛い!!嬉しい!」なんて言われたら、
ただただ嬉しくて誇らしくて、 「でしょう?」なんて言ってしまいそうになる。
来たときより、ちょっとだけ胸をはって会場をあとにする。
私達は幸せな花屋だ。
d0005824_18533431.jpg

by mugi-hana | 2009-07-19 18:57 | mugihana日記 | Comments(0)
咲きました
今年も蓮の花が咲きました。
他のどの花にもない、神々しい雰囲気をもっていて、
やはり特別な花だなぁと思います。
d0005824_21111566.jpg

by mugi-hana | 2009-07-16 21:11 | mugihana日記 | Comments(2)
夏の風
八王子の山のむこう、
深い緑の木々に囲まれてホリーの師匠が眠る場所へ。
月桃の花のリースをそぉっと捧げて
両手をあわせて、いろいろ、報告。
夏の初めの風が、ざぁと木々を揺らして吹き渡りました。
また、来ます。
d0005824_22231433.jpg

by mugi-hana | 2009-07-15 22:23 | mugihana日記 | Comments(1)
夏の空
もしやもう本格的な夏がきた?
と思わせるような、きもちのよい空が広がった夕方でした。
先週末に作ったウェディングブーケたち。
会場の美容室にブーケをお届けに行ったら、
花嫁さんのお友達がちょうど来ていて、ふたりの前でお披露目でした。
実はそのお友達も、今週末結婚式で、ムギハナでブーケを作ります。
無事お渡しして、美容室をでる私達の後ろで
花嫁さんとお友達の、可愛いね~ って声が聞こえてきて
とても幸せな気持ちで帰ってきました。
今週末も、期待に応えられるようなブーケを作れるようにがんばります。
d0005824_22311456.jpg



d0005824_22315317.jpg

汐留のホテルにお届けしたウェディングブーケ。
きれいなレースのトレーンをひくドレスがとても美しく、
すらりと背が高い花嫁さんによく似合っただろうなと思います。
ブーケは、上品なピンクのバラとやさしい色の紫陽花の花。
by mugi-hana | 2009-07-13 22:32 | mugihana日記 | Comments(0)
あのこの写真の前に、いいバラを1輪
土曜日の昼下がり。
にこにこしながら、白髪の初老の男性が入ってこられました。
ゆっくり、店内を見渡して、明るいピンクの大輪のバラに目をとめて、「これがいいなァ」と。
バラを1本、持って帰っていかれる姿を見送りながら、もう一年になるんだぁと私は思い出していました。
一年前の夕方、入ってこられた時も、にこにことゆっくり歩いてこられました。きれいな白髪をきちんとなでつけて、シャツのすそはきちりとジャージにしまわれています。いろいろなお客様がいらっしゃるムギハナですが、初老の男性おひとり、というのはさすがに珍しい。
鉢植えか何かの相談かな、店内でホリーと話すのを目の端で見ながら、私は思っていました。
その後、その男性は淡いピンクのイングリッシュローズを1本、持って出てこられました。
そのバラは、その日の仕入れで一番のお気に入りのバラでした。
今のお客様は?と聞いた私に、ホリーが教えてくれたのが、こんなお話です。

いつも、わんこと散歩してたんだって、ムギハナの前を。
そのわんこが亡くなっちゃったんだって。
だから、そのこのところに、花を活けるんだって。
。。。。。。。

それから、ひとつき後。
その男性は、またにこにことムギハナにやってきました。
ゆっくり店内を見渡して、「これがいいなァ」
二度目いらした時選んだのは、明るいオレンジ色のダリアでした。
よい香りのするバラ、うんと大輪のラナンキュラス。。。。
だいたい一月に一度、その人はやってきます。
私達は思わず背筋をしゃんと伸ばして、迎えます。
d0005824_19243523.jpg

by mugi-hana | 2009-07-04 19:25 | mugihana日記 | Comments(0)