<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
クリスマスイヴ
すべてのひとが
今夜 幸せなクリスマスを迎えていますように
MERRY CHRISTMAS!!

d0005824_044363.jpg

by mugi-hana | 2010-12-25 00:32 | クリスマスリース | Comments(0)
冬のブーケ
古都 奈良での結婚式のためのウェディングブーケ
先に行って打ち合わせをされている花嫁さんのかわりに新郎さんが取りにきてくれて
そっと大事に梱包したブーケを、だいじにだいじに、新幹線で運んで行かれました。

おふたりが送ってくれた式の写真は、
本当に、何度みてもため息がでる程素敵で、幸せな光に満ちていました。
yaecaさんの、上品なドレスがよく似合って。
みんなが祝福するなかを腕をくんで歩くふたり、
嬉しそうに笑う彼や、美しく微笑んで、そっとドレスのすそをもつ花嫁さん。
やわらかな陽射しがふたりに降り注いでいました。

d0005824_2336695.jpg

by mugi-hana | 2010-12-20 23:36 | ウェディングブーケアルバム | Comments(0)
クリスマスに向けて
casa vecchiaのクリスマスの窓辺を飾りました。
白樺の枝と樅の木を立てて、薄いグリーンのヤドリギの大きな枝を活けました。
ライトのあかりがあたってきらきらして、すごくきれい。
夕方、銀色のランタンにキャンドルを入れて樅の木につるします。
たくさんのキャンドルの火がゆらゆらするようすは、心のどこかがぽぉっとあたたかくなるような気持ちにさせてくれます。

casa vecchiaのシェフやスタッフのみんなはクリスマスの準備に忙しそう。
今年はどんな特別なお料理が用意されているのでしょう。
わくわくとした高揚感と、ぴりっとした緊張感、街中がきらきらしてくるこの季節。

どんなに忙しくても、大変でも、やっぱり大切な時間です。

d0005824_23394125.jpg



今年のベッキアのクリスマスリースは、大きなにんにくときれいなピンクの玉ねぎと、不思議な木の実と針葉樹です。
大きなにんにくは、ホリーのお父さんが畑で育てたもの。
すごくきれいだったので、春に行ったときに「これは、クリスマスに使える・・・!」とひらめき、そのまま乾かしてくれるように頼んであったのです。
お父さんは、「どうするだ!こんなもん!食べれんくなるぞ!」とか、「早く抜かないと白菜を植えられなくなる!」「何に使うんだ?!」とか、色々知りたがっていたのに、ホリーは「いいから!!」とあまり多くを語らず・・・

きっと喜んでくれると思うので、リースが完成したところの写真を送ろうと思います。
by mugi-hana | 2010-12-16 23:39 | mugihana日記 | Comments(0)
冷たい雨のいちにちでした
今日は寒い一日でした。
気付けばもうあと少しでクリスマス、
ぱたぱたしているうちにきっと年末です。
時が過ぎるのはなんと早いことか。。。。

甘い色のイングリッシュローズと、ネルみたいな手触りのグレイの葉のブーケ
おひさまがあたって、とろんとした淡い色
d0005824_1365699.jpg

by mugi-hana | 2010-12-14 01:37 | ウェディングブーケアルバム | Comments(2)
ライラック色
ホリーが市場で仲良くなった
競り人さんが注文に来てくれました。

ムギハナは小さい店ながら、入荷量はかなり多く、
週末ともなるとたくさんの種類と量の花を仕入れます。
前々から市場に予約したり、時には産地から特別に出荷してもらったり。
そんな時にお世話になっている方です。

結婚のお祝い
ライラックと、甘い色のバラ ラプソディー
ゆったりふんわり、びっくりする程大きくきれいに咲くバラです
d0005824_0543295.jpg

by mugi-hana | 2010-12-11 00:55 | mugihana日記 | Comments(2)
贈る思い
今日、自分の作った花束が手渡される瞬間に立ち会いました。
そのこと自体はそんなに珍しいことではないのですが、なんというかちょっとはっと気付かされて。
娘が通う保育園の園長先生が、開園当時から勤めていた先生が離職されるということで、送別の花束を買いにきてくださいました。オーダーをうかがった時、どんな花束にしましょうかと聞いたら、「えっと、どんなのというか、長く勤めてくれてた先生なんです。大切な方なので、、なんか明るくて元気なのを」と。
明るくて元気なのが欲しいのはきっと園長先生なんだなぁと、さびしそうな顔を見ていると思えてきました。
夕方娘をお迎えに園に行くと、ちょうどお別れ会の最中で、他のお母さんたちと一緒にこっそりのぞかせてもらいました。
みんなで集まって、お歌を唄っているところ、先生にありがとうを言っているところ。そしてこどもたちが花束を抱えて渡しにいくところ。(なにせ3歳なので、途中で司会の先生にどうぞしそうになっちゃったりするのだけど)
受け取る先生の目は真っ赤で、同僚の先生やこどもたちに囲まれて、また来てね、と言われて何度もうなづいてらっしゃいました。

私たちのつくる花束は、こういう時に登場するのか。
花束を贈ることの奥にはそれぞれにこういう思いがあるんだよなぁと、知っていたし忘れないようにしていたけれど、もう一回気付かされたという感じでした。

ホームページを開設するにあたって、迷った末にオーダーフォームを作ってもらいました。今まで以上に、普段接点のない方からのご注文が入ってくるかもしれない。
(いえそれを期待もしてのことではあるのです)
注文を受ける時、それぞれのご注文のもとにはたくさんの気持ちがあることを忘れないでいたいと思います。


今日みた光景を心の奥に刻みこんで、あしたからまた花を束ねます。


d0005824_137945.jpg

by mugi-hana | 2010-12-04 01:37 | mugihana日記 | Comments(2)
エバーグリーンのリース
針葉樹の葉や枝のもつ力強さ
しなる枝をねじ込んで、まるくまるく、リースにする。

寒い冬にも輝くみどりは、永遠のいのちとあいにつながるから。


d0005824_2531729.jpg

by mugi-hana | 2010-12-02 02:53 | クリスマスリース | Comments(0)